水宅配ナビTOPページ水のまめ知識 > 赤ちゃんに適した良い水は?

水のまめ知識
赤ちゃんに適した良い水は?

デリケートな赤ちゃんの場合、水も選ぶ必要があります。ミルク派だけでなく母乳派のママさんたちも、自分自身が飲む水を少し意識してみてはいかがでしょうか。
水には「硬水」と「軟水」があります。日本人が普段口にしている多くの水は、柔らかくて飲みやすい軟水。その反対に欧米で飲まれている水はミネラル分を多く含む硬水ですが、赤ちゃんに向いているのは軟水です。
硬水と軟水は含まれるカルシウムとマグネシウムの量で主に分類されます。カルシウムもマグネシウムも成長に必要な成分ではありますが、まだ内蔵器官が未発達な赤ちゃんの場合、硬水を与えてしまうと高確率で下痢を起こすこととなります。また軟水であっても、普段私たちが良く口にするミネラルウォーターも、赤ちゃんにとっては下剤のようなもの。そもそも赤ちゃんのミルクには栄養素がたっぷり配合されていますが、さらにミネラルの多い水でミルクを作ってしまうと、ミネラルを過剰摂取することになり、危険でもあります。
また同様に軟水であっても、海外からの輸入品の水も避けた方が無難です。日本では食品安全基本法に基づき、販売される全ての水は熱処理もしくは同等の殺菌処理を施すことが義務づけられています。しかし欧米ではナチュラルウォーターと呼ばれる水が一般的であり、原則加熱殺菌はされていません。大人にとってはなんてことない量の不純物や細菌であっても、赤ちゃんにとっては危険なもの。もしこれらの水を使用するのであれば、一度煮沸してから使用しましょう。
その他、これら売られている水ではなく水道水もしくは浄水器を通した水道水を煮沸してミルクに使用しているママさんもいるでしょうが、水道水ももはや安心して飲める水ではありません。煮沸することで不純物が飛ぶといわれていますが、現在の水道水には煮沸では取り除けないトリハロメタンなどの化学物質も含まれています。そのため赤ちゃんのミルクを作るのであれば、きちんと殺菌処理が施されたピュアウォーター(純水)が良いでしょう。ピュアウォーターにはミネラル分などが一切含まれていないため、粉ミルクそのままの栄養素を効率的に赤ちゃんに与えることができます。
ミルクは赤ちゃんの毎日の食事です。水を変えるだけで栄養の吸収率がぐんと変わるため、たかが水と考えずに、良い水を使用してミルクを作ってみてはいかがでしょうか。
またミルクだけでなく、母乳派のママさんにとっても赤ちゃんに良い水は良い母乳をつくる重要な栄養素の一つ。お母さんが口に入れるもの全てが赤ちゃんの身体にも蓄積されていくことから、赤ちゃんの命がお腹に宿った時からママさんの食生活を水も含めて見直すと、良い母乳へと繋がるのではないでしょうか。