水宅配ナビTOPページ水のまめ知識 > 二日酔い対策に効果的な水

水のまめ知識
二日酔い対策に効果的な水

アルコール度数の強いお酒を飲む際には、「チェイサー」と呼ばれる口直しの水が出されることがあります。これは強いお酒でしびれた舌を元に戻すためと、内臓に負担をかけないように出される飲み水です。アルコールは飲みすぎると嘔吐や頭痛を伴う二日酔いを引き起こしますが、二日酔いはアルコール摂取の際、適度に水を挟むことで回避することができます。
そのため強い度数のお酒を飲むときだけでなく、ビールやワインといったお酒の合間にも積極的に水を飲むと、翌日に残さず楽しくお酒を飲むことができます。ビールはアルコール度数が低めなので大丈夫だと思う方もいるでしょうが、ビールは利尿作用があるため、体内の水分を奪い排出してしまいます。体内の水分量が不足してしまうと代謝が鈍くなってしまうため、アルコールの分解能力が劣ってしまう原因に。結果、二日酔いになりやすくなるのです。
そもそもお酒の強い人と弱い人がいますが、強い人は肝臓の代謝能力が高く、身体にアセトアルデヒドが蓄積しないため、気持ちよく沢山お酒を飲むことができるのです。アセトアルデヒドとは建築資材から放出され、シックハウス症候群の原因として問題視されている物質でもあり、強い毒性を持つ物質。アルコールそのものにもアセトアルデヒドは含まれているのですが、アルコールを摂取するとアルコールを分解する過程で、肝臓でアセトアルデヒドが作られます。
アセトアルデヒドはその後酢酸に変わり、やがては水と二酸化炭素へと分解され尿や汗として排出されるのですが、アセトアルデヒドがそのまま分解できずに体内に残ってしまうと、二日酔いとなってしまうのです。
血液中に残ったアセトアルデヒドは、とにかく排出しなくてはなりません。そのためにも水を沢山飲んで代謝を活性化させることで、血液中に残ったアセトアルデヒドの濃度を薄め、尿と一緒に排出する必要があります。またアルコールを摂取しすぎた状態のときは身体の水分量が極端に少なくなっているため、身体をいたわるためにも水分補給は必須です。
朝起き抜けにコーヒーを飲む方もいますが、二日酔いは軽い脱水状態でもあります。利尿作用のあるカフェインを含む飲み物ではなく、水を飲みましょう。また糖分や塩分を補給するためにも、スポーツドリンクも良いといわれています。
このように二日酔いになってしまったらもちろん水分補給を促すことが重要ですが、お酒を飲む前・飲んでいる最中・飲んだあと(就寝前)にも意識的に水を飲むことで、二日酔いの予防効果につながります。楽しく飲んでいる際に水を飲むことは忘れがちですが、お酒とともに水を一緒に注文し傍らに置いておくだけでも、無意識のうちに水を手に取るようなので、一度試してみてはいかがでしょうか。