水宅配ナビTOPページ水のまめ知識 > 水のダイエット効果について

水のまめ知識
水のダイエット効果について

成人の場合、通常の人体で約70%は水でできています。
これは平均的な体型の場合をいい、太っている人の場合では、平均的な体型の人に比べ、水分割合が少ないといわれています。
肥満体型の場合は水分の割合は約50~60%までも低くなっているといわれています。
「水太り」という言葉があり、もちろん例えば100ccの水を飲むことで体重が100gの増えるのは当然ですが、水をどんなにたくさん摂取したとしても摂取した分だけ脂肪に変わる事はまったくありません。また、余分な水分は汗や尿として外部に排出されますので、水分摂取によって皮下脂肪が付く原因となることはありません。
また、逆に水を多く摂取することで胃がいっぱいになることから、満腹感が満たされ、食欲が減退することでダイエットにつながるということは考えられます。
脂肪燃焼や摂取カロリーの吸収を抑える効果までは期待できませんが、水をたくさん飲むことは、体内の基礎代謝を上げる事に自然と結び付き、また、体内の過剰な塩分が尿として排出もされますので、むくみの解消や高血圧、糖尿病の予防といった内臓機能の正常化を促す効果が期待できます。

普段あまり水分の摂取をしていないという方は、飲食店やレストランで経験されることも良くあると思いますが、特にのどが渇いているという訳ではない状態の時でも、気が付けばコップを手に取って口元へ自然に運び、水を飲んでいる経験はないでしょうか?自然に目の前にコップを置いておくだけでも驚くほど水分摂取できたりしますので、水分の摂取量が気になる方は、是非一度、試してみてはいかがでしょうか?思わぬ視覚効果が期待できるかもしれません。
そのような方法を通じても、適量の水分摂取を続けてていくことで、体の調子やバランスが調整されていくのが実感できることでしょう。