水宅配ナビTOPページ水のまめ知識 > 人体と水の関係

水のまめ知識
人体と水の関係

水は生物にとって、なくてはならないものです。また、あらゆる生物体を構成する中で、水が一番多い物質なのです。核、細胞の中でも最も多い物質であり、細胞内においても物質の代謝の媒体として使われています。人体の約60~70%は水でできています。 これは成人の割合で、さらに赤ちゃんは約80%と、水分の割合が多くを占めています。 そのため、人間にとって水は最も身近で大切な存在といえます。 水は人間にとって過剰に摂取しすぎても、細胞外液の浸透圧が異常に下がり、低ナトリウム血症による頭痛などの症状を引き起こし、また、水分が不足すると、医学的には脱水と呼び、眠気や脱力感、頭痛などを引き起こします。脱水症状時の対策としてのスポーツドリンクは、ナトリウム濃度が低いため、特に乳幼児の脱水時にこれを与えると、低ナトリウム血症から水中毒を惹起する危険性がありますので、医療機関で点滴による水分補給を受けた方が、早く回復し安全でしょう。 また、水分の不足は血流が滞ったり、血栓をつくる原因となりますので、心臓等の循環器系に負担がかかり様々な体調バランスを乱してしまう原因にもなってしまいます。 このように、生命の維持や健康バランスを保つためには、人体に最適な量で良質の水分摂取が必要といえます。赤ちゃんには特に配慮が必要といえるでしょう。
人間は水なくしては生きていくことはできません。
もし水を数日から一週間の間まったく摂取しないと人間は死んでしまいます。
人間は生命活動をする上で酸素を摂取し、細胞は老化をはじめます。
そのため老廃物や古い細胞もどんどんと体内で生み出されてしまいますので、常に良質の水分を摂取し続ける必要があるのです。
また、生物の化学組成と海水の組成が似ていること。また、クラゲの体液と人間の体液を比較しても成分の割合にいくつもの共通点が見られるところから、生物の根源は太古の海で誕生したのではないかと考えられています。
そのため、このように人間は水分の割合が多いのかもしれないといわれています。
また、人の体内の水分は、気温が高い場合でも、なるべく体温を一定に保つ機能として優れた発汗機能が備わっています。

汗の成分は、ほとんどが水、それ以外は塩分です。では、なぜ人間は汗をかくのでしょうか。それは、体温調節の為。食事を取ったり、運動したり、
体温が上昇し過ぎないようにする為、人間は汗をかくのです。
また、水は同じ濃度になろうとする働きがありますので、体内の多くの細胞間でも水の出入りが調整され、体全体が同じ浸透圧のバランスで保たれているのです。
人体に大変関連深く、健康とも密接な水は、定期的に摂取するように心がける意識を持ちましょう。
朝起きた時や食事の合間、スポーツで汗をかいた際、お風呂あがりなど、水分が不足しがちだと思われる時や、血糖濃度の調整が必要ではないかと感じた際には、こまめに水分摂取をおこなうことで健康の維持増進や、体調バランスを整えることを心がけましょう。