水宅配ナビTOPページ水のまめ知識 > ミネラルウォーターとは?

水のまめ知識
ミネラルウォーターとは?

私たちは普段、水道から出る水を「水道水」、コンビニなどで購入したりウォーターサーバーメーカーから宅配される水のことを「ミネラルウォーター」と総称して呼んでいますが、実はこれらは厳密にいえば、全てミネラルウォーターであるわけではありません。
私たちが買って飲む飲料水の水は大きく、「ナチュラルウォーター」「ナチュラルミネラルウォーター」「ミネラルウォーター」「ボトルドウォーター」の四種類に分類することができるのです。
そもそも日本では美味しい軟水が豊富であることから、ペットボトル入り飲料水が普及したのはまだまだ最近のことです。しかし欧米では、カルシウムやマグネシウムを多く含む硬水が当たり前。硬水は味が悪く、煮沸すると鍋ややかんなどに大量のミネラル分の結晶が付着することから、水を買うことが古くから当たり前となっていました。
そんな海外で一般的に普及している水が、自然の地下水をそのままボトリングしたナチュラルウォーター。日本国内では食品安全法に基づき、加熱殺菌もしくは同等の処理を施さなくては、飲み水を販売することはできません。そのため販売されている全ての水は何らかの処理が施されていますが、欧米ではろ過などをすることもなく、自然の水をそのままボトリングしたナチュラルウォーターが一般的に飲まれています。
日本国内ではナチュラルウォーターを飲むことはありませんが、一般的に普及している水といえば、ナチュラルウォーターにろ過・加熱殺菌を加えたナチュラルミネラルウォーターではないでしょうか。ナチュラルウォーターにミネラル分が含まれており、尚且つ殺菌処理を施したものが、私たちが普段手に取っているナチュラルミネラルウォーターなのです。
そしてさらに、ナチュラルミネラルウォーターにオゾン殺菌や紫外線殺菌、ミネラルの添加といった科学的処理を行ったものが、ミネラルウォーター。宅配水のなかでもこのミネラルウォーターを扱っているメーカーは多く、天然の水にミネラル分を添加することで、バランスの良いミネラルウォーターに仕立てているのです。
そして最後にボトルドウォーターとはその名の通り、単にボトリングされた水のことを指します。上記三種類の水は全て地下水を水源としていますが、ボトルドウォーターは地下水以外の水をボトリングすれば、全てボトルドウォーターに該当するのです。最近では水道水の美味しさをアピールするため、東京の水道水がお土産品としてペットボトルに充填されて販売されていますが、これはまさにボトルドウォーター。ペットボトルなどに充填された水と一口にいっても、様々な種類の水があるため、ミネラルウォーターを飲んでいるつもりが、実は単なるボトルドウォーターだったという可能性もあるのです。
つまりミネラルウォーターとは何かといえば、地下水を原水とし、ミネラルを含んだ水のこと。そのミネラル分は天然のミネラルでももちろん良いですし、人工的に添加されたミネラル分でも良いのです。また、「ミネラルウォーター=ミネラルの量が多い」という定義ではないため、ミネラルウォーターが全て身体に良いというわけでもないのです。
殺菌処理の面から国内で販売されているのは、ナチュラルウォーター以外の三種類。しかしその他にも、糖尿病抑制効果が注目されている「バナジウム水」や美容効果があると話題の「炭酸水」など色々な水がありますが、実はこれらはすべてミネラル分を含む地下水のため、ミネラルウォーターに該当します。
皆さんは今一度、自分が飲んでいる水がどの種類の水に該当するのかを、購入する前に比較してみてはいかがでしょうか。